和太鼓タヲとは

和太鼓タヲとはのアイキャッチ画像

和太鼓タヲの始まりは和太鼓バンドGOCOO

和太鼓タヲは、グルーブ(ノリがある、踊っているように見える)があるのが特徴で伝統和太鼓の精神性を残したまま現代の音楽に近づけた和太鼓です。

私は、世界的に有名な和太鼓バンドGOCOOに所属しているのですが地元札幌で和太鼓道場を始めたいという想いでスタートしました!

GOCOOの歴史

和太鼓タヲ中田裕子の写真
  • ハリウッド映画「MATRIX Reloaded」「Matrix Revolutions」のサウンドトラックに日本から唯一参加
  • フジロックなどの大規模フェスにも出演
  • ライジングサンに出演
  • ヨーロッパツアーなど

私自身は、2004年からGOCOOメンバーに加わり活動しています。

 

日本の和の精神を残したままグルーブ感がある和太鼓

和太鼓タヲはGOCOOのリーダー淺野香が始めた和太鼓道場です。

日本の和の精神性を大切にしたまま、グルーブ感(踊っているような)がある表現力豊かな和太鼓が特徴です。

グルーブ感のある和太鼓の写真

そのため、一般的なイメージの和太鼓と違い、リズムに乗って、まるで踊っているように見えます。

しかし、日本の和の精神性や美意識を大切にしていますので新しい和太鼓のようにかんじるかもしれません。

 

和太鼓タヲ札幌道場で行っている4つのこと

札幌道場では、和太鼓を始めたことがない初心者の方も楽しく参加していただけるようにバチの持ち方から曲のフレーズ練習まで丁寧に指導しています。

だいたい3ヶ月くらいで1つの曲を打てるようになるので、最初は難しいと感じるかもしれませんが一緒に太鼓を打ってみましょう。

 

1. 初心者向けの練習(バチの持ち方、体の使い方)

まずはじめに、バチの持ち方や体の使い方を練習します。

柔らかく曲線を描くように打つタヲのスタイルはバチの持ち方にも特徴があります。

また、お腹(丹田)を意識しながら大きな木になったようなイメージで全身を使って打ちます。

なので、太鼓を打つ前に体を使った太鼓の打ち方を丁寧に指導しています。

実際、全身で太鼓を打つので肩や手首に負担が少なかったり、運動教室のような感覚で楽しく太鼓を打てます。

珍しい和太鼓の打ち方ですが、このようなことから初心者の4歳から60代以上の、年齢や性別に関わらず幅広い方々に楽しく参加していただいています。

 

2. 4つの基礎練習(連打、タカタ、大きい打ち方、お腹でリズムを取る)

和太鼓の打ち方を練習したあとは、リズムに合わせて太鼓を打つ練習をします。

基本的なリズムは、連打とタカタ、大きい打ち方の3つですが、和太鼓タヲの特徴であるグルーブ感のある打ち方をするためにお腹でリズムを取る練習をします。

最初はお腹でリズムを取りながら、太鼓を打つことが難しいのですが、出来るようになってくると音楽と身体が一体化しているような感覚で楽しい気持ちになってきます。

 

3. 曲のフレーズ練習(1曲3ヶ月:12回)

だいたい12回(3ヶ月)くらいで、1つの曲を打てるようになります。

だれでもリズムに乗って打つことができるように

最近では、星野源さんの曲やドラえもんの曲、ソーラン節など幅広い曲をフレーズ練習として取り入れていました!

 

4. 表現の練習(柔らかく動いて魅せる練習、表情など全身で表現する練習)

一般的なイメージの和太鼓は腰を動かさず直線的な動きが特徴の1つですが、

和太鼓タヲではグルーブ感のある和太鼓なので、表現の練習も大切にしています。

2つの表現方法があり、1つは身体で柔らかく動い魅せる方法。

体で表現する和太鼓の写真

もう1つは表情で表現をする方法です。

顔で和太鼓を表現している写真

最初はどちらも難しかったり恥ずかしさがあるかもしれませんが、みんなで一緒に太鼓を打っているうちに楽しくなってきて私自身も余計なことを忘れてしまいます。

 

どんな人が和太鼓タヲに参加しているのか?

和太鼓タヲには女性と子供が参加していただいている割合が多いです。

女性が和太鼓を叩いている写真

タヲで和太鼓を始めたという女性が多いんです!

子供が和太鼓を叩いてる写真

子供クラスも多くのお子さんに参加していただいていおります。

以外かもしれませんが、年配の方も多いので年齢や性別を気にしないで参加していただいています。

大人になっても、思いきり汗をかいて、こどもに戻ったように大きな声を出してみんなで太鼓を打つことは本当に楽しいです。

特に和太鼓に興味があって、始めたかったけどきっかけがなく、タヲを知ってから和太鼓を始めた方が多いです。

※詳しく知りたい方はこちらのよくある質問をご覧ください。

 

3、イベントで和太鼓を披露できる

和太鼓タヲは道場で和太鼓を打つだけではなく、イベントなどにも積極的に参加しています。

特に年に一度、発表会のような音楽イベントを開催しているので、皆さんイベントに向けて一生懸命取り組んでくれています。

image_tawoo_fes_2018

※絶対参加ではありませんので、ご安心ください。

また、神社や老人ケアホーム、幼稚園や保育園でもイベントを行っていますので、主催者の方で出演の依頼をしたい方は下記のボタンからお問い合わせください。

 

よくある質問

 

Q.50歳から始めても大丈夫ですか?

A.和太鼓のバチの持ち方から打ち方まで丁寧に指導しておりますので、年齢制限などはありませんのでご安心ください!

和太鼓は敷居が高いイメージがあり、きっかけが無かったという方も多いので、和太鼓を始める年齢が人によってバラバラです。

ですが、皆さん和太鼓を楽しんで色々な曲を打てるようになっています!

 

Q.音楽苦手なのですが、大丈夫ですか?

もちろん音楽が苦手でも大丈夫です!逆にほとんどの方が和太鼓だけではなく、音楽自体が初めてでスタートする方が多いです。音楽が苦手だから和太鼓が打てないということはありませんので、ご安心ください。

 

Q.運動もほとんどしたことないのですが、大丈夫ですか?

運動をしたことがなくても大丈夫です!一見するとグルーブ感のある和太鼓は難しく感じるかもしれませんが、皆さん運動初心者でスタートされる方も多いです!

慣れてきたら、運動感覚で道場の参加を楽しんでいらっしゃる方も多いのでご安心ください。

 

PROFILE

和太鼓タヲ中田裕子の写真

和太鼓タヲ北海道 主宰  中田裕子 YUKO NAKATA

2000年に東京で国内外で絶賛される「和太鼓グループGOCOO」に魅了され、和太鼓を始める。2004年から「和太鼓グループGOCOO」のメンバーとして、プロとしての演奏活動を開始。ヨーロッパツアー、アジア・メキシコ・オーストラリアツアーにも参加。
2010年、地元北海道札幌にて「和太鼓タヲ 北海道道場」を開設。和太鼓の楽しさと魅力を年齢や性別を問わず、全ての人が日本人の心に響く音を奏でる仲間になってくれることを歓びに感じ、札幌で道場を開催!

イベントの写真

和太鼓奏者として、ソロでの演奏、さまざまなジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレーションなども行なっています。

2014年には、浅草公会堂で開催された東京タヲリズムに出演し、約1,000人の方にご来館いただきました。

東京タヲのイベント写真

札幌タヲ和太鼓道場
東京タヲ和太鼓道場
沖縄タヲ和太鼓道場